公式ホームページ

代表プロフィール

はじめまして。いまここ株式会社 代表 白坂裕子です。

 

今、私がなぜ掃除に関わる仕事をしているのか。
講師活動するようになったのかをお伝えします。

実は、私は昔から掃除が大好きだった訳ではありません。
あることがきっかけで掃除の世界に魅了されたのです。

短大卒業後、会社勤めを2年し結婚し4人の子供の子育てに専念する日々が続きました。
夫が転勤族だったので、小さな子供をつれて約3年ごとに引越すること5回。

東京に戻り、子育てがようやく一段落したのは4番目の子供が小学生になった頃です。
子育てやパートなどで大忙しだったあの頃は掃除などの優先順位はいつも下でした。
今振り返ると部屋が片付いてないとか、キレイだとか汚いだとか 気にもしてなかったのです。

ある日、家にひとりでいると、ふと『居心地の悪さ』に気付いたのです。
『こころにぽっかり穴があいた』ような、なんとも言えない沈む気持ちになる事がつづきました。

そんなときに日本そうじ協会 今村理事長の習慣教育・掃除道に出会いました。
『掃除っていいよ!』という理事長のそのひと言に心が響いたのです。
2010年のことでした。

さっそく習慣教育講座・掃除道講座を受講。
一緒に参加した仲間と一緒に、先づは自宅の掃除を取り組み始めました。
半年間毎朝ビフォーアフターの写メを撮り、1日も欠かさず送り合いました。

「今朝はココを掃除します!」
「こんな風にスッキリしたよ!」
「すごーい!」朝5時くらいのやりとりです。

半年もすると家のなかからモノが徐々に減り、
気持ちのいい空間が生まれとてもこころがスッキリしてきたのです。
さらに自分や一緒に取り組んだ仲間のこころにも変化が生まれ、
家族関係や仕事関係にまで様々な『いいスパイラル効果』が生まれてきました。

私自身も、自宅を片づけ掃除を取り組むと身も心も軽くなり、
20年以上も運動していなかったのですが、ランニングをはじめ、
なんとウルトラマラソン(78キロ)にも完走してしまったのです。

 

気持ちも前向きになり、いろんな事を楽しく取り組めるようになりました。

 

その時です『掃除のもたらす力や魅力、習慣の大切さ』を痛感したのは。
その後の取組みは自宅の掃除にとどまりません。


片づけられない人たちの気持ちに寄り添い、「最高の空間」を提供するため、
片づけサービス・掃除道講座の開講やハウスクリーニング業を手がけるようになりました。

掃除をすることで気持ちがスッキリする事は、
こころ・カラダ・空間・時間などが整うことなのです。
掃除の力は人に生きがいと勇気を与え、その方たちの人生をも豊かにします。

現在は、主にシニア層にむけてサービスを提供し、遺品整理事業に取り組んでいます。
そして今の私は、様々な現場やセミナーでをこころからこの仕事を楽しんでいます。

 

「掃除大賞 2015 」厚生労働大臣賞・優秀賞  受賞

 

【視覚障がい者に学ぶ掃除道】

掃除道と出会い、自分の夢の実現、目標達成の方法を学びました。

自宅がキレイになるにつれ、私は人生が変わり始めました。

掃除とともに始めたジョギングも、家がキレイになるころには
ウルトラマラソンを完走するようになり、日本山岳耐久レース72キロも完走。

ボランティアで視覚障害者の伴走をしています。

その関係から視覚障がい者との付き合いが多くあるのですが、
彼らのお掃除を手伝っているうちに、彼らからたくさんのことを学んだのです。

視覚障害者にとって日常は「常在戦場」であり、掃除は「護身術」だったのです。

視覚に障害を持った方は、
「散らかさない習慣」「毎日片づける習慣」「散らかさない仕組みつくり」
など晴眼者がやろうと思っても、
なかなかできない事を当たり前に淡々と行っています。

「視覚障がい者の目となりあたたかいコミュニケーションを取りながらする掃除道」。
見えないからこそ「見えなくてもわかる仕組み」。

視覚障がい者の掃除道の深さを知ることで彼らへの理解と尊敬の念を深め、
晴眼者に多くの気づきを感じてほしい実践発表をさせていただきました。

 

 

 

「掃除大賞 2014」掃除の匠賞 受賞

80歳のおばあさまに掃除道講座を開講。

おばあさまは、大切な旦那様を亡くした事をきっかけに汚部屋になってしまったのです。

「家で息をするのもつらい。もう諦めている。
きれいにしてから死にたいけどそれも出来ない」と意気消沈のご様子でした。

 

部屋がこうなってしまってから、近所の友人と楽しいお茶もできない。
娘や孫が、遊びに来てくれない。

講座の中で、私はおばあさまの昔の楽しかった頃の思い出話しを聞いたり、
同時に掃除の効果についてもお話ししました。

するとおばあさまのこころに徐々に変化がうまれたのです。

「頑張る!そう もう一度部屋をキレイにして自分に自信をつけたい。
そして娘や孫に褒めてもらいたい。
昔のようにご飯をこのお家でご馳走したい!」とやる気と目標が生まれたのです。


一緒に掃除をして環境を整えることでおばあさまは大きな自信がつき、
生きる活力を取り戻されたのです。

私にとっても掃除のもつ大きな力を痛感した忘れられないとなりました。

 

掃除大賞2014  HP はこちら。

 

「片づけ大賞 2014」法人部門 審査員特別賞 受賞

片づけのプロの全国大会に参加させていただきました。

以前私はパート勤務で、都内にある障害を持ったお子さん(知的障害・ダウン症など)が集まる施設で働かせていただきました。

私にとって、このような障害の子供たちと関わること・一緒に遊ぶことは、大変貴重な時間でした。

その時期私は、片づけサポートの仕事も同時に取り組んでいました。

ある時、この施設のスタッフルームの片づけサポートをさせていただく機会に恵まれました。

子供たちが過ごすスペースとは違い、スタッフさんのスペースは、様々な書類や教材やおもちゃで溢れていました。

いろんなモノが雑然とあると、探し物の時間がかかったり、イライラするものです。

スタッフさんが余裕をもって豊かに、お子さんに接することができるようなスペースを作るよう心がけました。

片づけは、素敵な棚や素敵な収納道具などお金をかけて作ることはいくらでもできます。

しかし、その事業所のオーナーさんの意向や予算やご事情、そして価値観。

そして何よりもそこで働くスタッフさんが働きやすいように。。

そんなことを考慮して、仕事しやすく子供に余裕をもった接することができるような空間を作りました。

 

 


ページトップ